« オークションで見つけたもの | メイン | スポリセインプレッションその2 »

遂に!スポーツリセッティング施工!

2005年02月19日〜エルグランド2005〜

本日、うちの車に、NISMOスポーツリセッティングを施工してきました。

スポーツリセッティングを紹介した時のこのブログの記事

発注を行ったのが、先週で、今週月曜にディーラーからNISMOに注文、今日の施工となりました。
もちろん、先日書いた通り、このスポリセはMC版です。

そして、同時にマフラーをフジツボのWagolisセンターマフラー、リアマフラーへと交換しました。施工は、前回試乗でもお世話になった、日産プリンス香川販売の高松店です。NISMO担当は山本さんとおっしゃって、単なる営業の方ではなく、自分でも車をいじられる方で、施工内容など非常に詳しく把握されており、安心して任せられます。(私の車も、最後は山本さんも下に潜って作業していました。)

施工時間は、11時頃に預けて、6時近くまで掛かったので、約7時間。マフラー交換があったため時間が若干掛かっていますが、その時間の大部分は、実は、プラグ交換です。プラグ交換が無ければもっとずっと早く施工が終わるのですが…エルグランドのプラグは特に交換しづらいですからね、と山本さんも苦笑していました。

さて、施工も終わって、帰り道のインプレッションです。

既に1度乗車したことのある施工車ですが、やはり自分のクルマ、じっくりと比較出来ます。
まず、加速ですが、MC前リセッティングと異なり、停止状態から1,2速の間の加速は、少し控えめです。MC前は軽く踏むだけで飛び出すような印象でしたが、雪道や不慣れな人に配慮したのか、飛び出すような印象は隠れてしまいました。ところが、3速にシフトアップすると、まるでターボが効いたように加速を始めます。(ちょっと大げさかも知れませんが。)
どうも、ECUのセッティングを変更して、低いギアでの不必要なパワーを抑え込んだようです。賛否両論あるとは思いますが、私の個人的な感想では、他人に車を貸したときなどにぶつけられなくて良いかな、といった感じを受けました。

中速域の加速についてはレスポンス良く、軽い坂道ならいままでのダルさを払拭して、車が自ら前へ出るような印象となります。アクセルの踏み具合と比較して、非常に軽くなった、という印象です。特に2000回転〜4000回転は楽しい領域であり、この部分のトルクアップと吹き上がりの良さが、このスポリセの最大の特徴と言えるでしょう。

高回転域は、残念ながら、素晴らしい吹き上がり、とは言えません。施工前と比較すれば当然良くなっているのですが、やはり、元々が低速トルク重視で作られているエンジンのため、ECUだけで性格を変えるには限界があるようです。ちょっと鈍い吹き上がり、といった印象を受けます。

また、今回同時に施工したフジツボ製のマフラーですが、試乗車のNISMO製と比較して、やはりマイルドな音質です。アイドリング時は、微かに聞こえる6発のエキゾースト、といった感じで、ノーマルと比較しても、うるさくなったとは思いません。が、エンジンを吹かすと今までとは明らかに違った重厚なサウンドとなります。丁度R34のスカイラインの音に近くなる、といえば、想像出来るでしょうか。少し低めに響く良い音です。

乗車して音を確認したところでは、これもNISMO製と比較して小さいけれども、ノーマルよりはスポーティーな音が聞こえてきます。ただ、これはアクセル開度にもよるので、平坦な道を定速で巡航している場合は、微かに聞こえる程度で、アクセルを踏み込んでいくとだんだんとスポーツ車のような音に変わっていきます。

この辺りが好みも絡んで微妙な部分で、もっと排気音が聞こえる方が好きな方もいらっしゃるでしょうし、逆に、今回の私の車程度の変化でも、うるさくなった、と感じる方もいらっしゃると思います。前者には、NISMOその他のメーカーのマフラーを、後者には、純正のセンターマフラーをお勧めしたいと思います。

音の面に関しては、ノーマルが静かなだけに、同様の静粛さ、というのは無理ですが、スポーツ車のノーマル状態程度に大きくなった、といった印象でした。

マフラーの比較については、前述の山本さんに、比較写真を撮影してもらっていますので、そのうちまた、紹介したいと思います。

ちなみに、日産プリンス香川販売の山本さん、スポリセに関する相談は気楽にどうぞ、とのことですので、メーカーやディーラーに聞きたいことがあれば、相談してみてください。(価格に関しては残念ながら、定価販売以外は応じられないとのことです。)そのときに「VIVA!エルグランドを見た」と言って頂ければ私も嬉しいです。(笑)

投稿者 DON : 2005年02月19日 21:18 このエントリーを含むはてなブックマーク



トラックバック

コメント